次回公演

影の色彩ワヤンプロジェクト×舞踏カンパニーpeciko
1st Collaboration 舞踏公演「鉱物の夢」

2017年5月
3日(水)19:00開演 
4日(木)19:00開演
5日(金)15:00開演
(開場は各回開演30分前)

会場  金沢市民芸術村ドラマ工房

入場料
前売 一般1,000円 高校生以下500円
当日 一般1,500円 高校生以下800円

原案・振付・演出:峠 佑樹
空間演出(舞台美術)・宣伝美術:岩井 美佳
出演:峠 佑樹、笠谷 航平、アナント・ウィチャクソノ
音楽:ナリモ(西田 有里・岩井 美佳)
衣装:山本 瑞生
照明:宮向 隆
舞台美術協力:北山 久美子 青木 正子 奥 祐司 渡辺 秀亮 株式会社 C8LINK(クリパリンク)
撮影:奥祐司 ハヤシハジメ
協力:笠谷 亜貴子、影の色彩 ワヤンプロジェクト、舞踏カンパニーpeciko
Special Thanks:藤木 卓
後援 :エフエム石川

ご予約は記事右上のご予約ボタンからお願いいたします。


次回ワークショップ

「切り絵からダンスをつくろう」

場所 金沢市民芸術村ドラマ工房
時間 2017年5月5日(金)11:00開始(開場10:30)
参加費 一般1,000円
高校生以下500円
親子参加1,000円
(定員15名様限定)




P新人賞2016、受賞いたしました!

2017年2月25日(土)、26日(日)に行われました影の色彩ワヤンプロジェクト影絵芝居「夜叉ヶ池」P新人賞最終選考上演会、おかげさまで無事に2公演、完遂できました。ありがとうございました。特に最終日の公演では、全員の熱量のリレーが素晴らしく、誰かの熱量を誰かが受け取る、それをまた誰かが、、、と、今までで一番の好演だったと感じました。 今まで関わってくださった皆様のおかげです。本当に、ありがとうございます。 今年の秋に、また愛知県で新作を発表できることになりました。影の色彩ワヤンプロジェクト、でどのようなことを表現していけるのか、より深く考えていく好機をいただきました。新作で取り組むべき課題も沢山いただきました。益々一層精進いたしますので、みなさま 今後共何卒、よろしくお願いいたします。




今までの公演の様子

影絵芝居「夜叉ヶ池」金沢公演 ダイジェスト 2016.8



影の色彩ワヤンプロジェクトとは


インドネシア・ジャワの伝統的影絵芝居をベースに、インスタレーション、映像、音楽、演劇など異なる表現が融合した「未分化の」新しい影絵の世界を作ることを目指している。古来音楽、美術、照明、演劇、踊りなどは分化されておらず、自然崇拝や先祖の魂と触れる為の儀式として伝えられてきた。そうしたものを忘れつつあると言われている我々現代人でも、「根源的な何か」と交流することで心が震えることを知っている。
舞台作品の上演 の他、各地域の方々とのコミュニケーションを重視したワークショップにも力を入れている。


Fill out my online form.
Use Wufoo templates to make your own HTML forms.


リンク

ナリモ

narimo

岩井美佳(ピアノ)、西田有里(ガムラン・歌)によるデュオ。narimoとはジャワ語で「受け入れる」という意味。ピアノとインドネシアのガムランということなる音律の二つの楽器から生まれる、ぶつかる音、溶け合う音、すべてそのまま受け入れて独自の音世界を紡ぎ出す。 2015年結成。ライブハウスやギャラリーでの演奏の他、「影の色彩ワヤンプロジェクト」の一員として影絵劇の演奏も手がける。 http://narimo.tumblr.com